|社外健康管理室サービス

 健康で活発な経営を目指している中小企業のための社外健康管理サービスです。

 

職場において労働者の健康管理等を効果的に行うためには、医学に関する専門的な知識が不可欠なことから、常時 50 人以上の労働者を使用する事業場においては、産業医による労働者の健康管理等を行わなければならないことになっています。

しかしながら、平成27年度中小企業実態基本調査によると、中小企業で働く従業員数は2666万9255人であり、約65.4%の人が50人以下の事業場で働いており、1744万4617人もの人が産業医のいない環境で働いているのです。

従業員の健康管理の基本は、健康診断の実施ですが、会社の規模が小さくなるにつれて実施率が下がる傾向があります。一方、健康診断の結果、何らかの異常な所見のあった従業員の割合は、会社の規模が小さくなるにつれ高くなっています。このことはメンタル不調についてもあてはまると思います。

また、産業医のいる事業所で働いていても、個人的な健康問題、特にこころの問題は、医師や看護師に相談したくても出来ない方も多いと思います。

からだとこころの健康問題について産業保健相談を行なっております。

当事務所の健康管理室はただ待っているだけの受け身の相談窓口ではありません。

健康管理は積極的に行うから効果があります。体調不良の時に病院を受診するというのが医療の常識ですが、予防は全く違います。心身の不調を早期に対応し、その結果休職に至ることを防ぐことができます。

 

健康管理サービスを利用するには、事前に申し込みが必要となります。

お気軽にお問い合わせください。