| 企業の方へ

産業医は健康企業の味方です!

会社にとって、従業員が心身ともに健康で、元気に働いてくれることは本当に大切なことです。
病気で休む従業員が出れば、それを誰かがカバーしなくてはなりませんし、その人にしかできない仕事があれば顧客に迷惑をかけ、会社の信用にも関わります。

また、近年、高脂血症、高血圧などの基礎疾患を抱えた方が長時間の残業を続けた後に急死する、いわゆる「過労死」も社会問題化しています。もし従業員がこのようなことになったりすると、大切な人材を失うことになります。

従業員の健康管理の基本は、健康診断の実施ですが、会社の規模が小さくなるにつれて実施率が下がる傾向があります。一方、健康診断の結果、何らかの異常な所見のあった従業員の割合は、会社の規模が小さくなるにつれ高くなっています。

 

産業医の役割とは、職場で働く人々の健康を守ること!

1,000人以上の人が働く職場では常勤産業医を、50人以上が働く職場では非常勤の産業医を置くことが義務づけられています。50人未満の職場では、産業医をおくことは義務づけられていませんが、長時間労働者の面談、高ストレス者面談、裁量労働者の面談、その他休職・復職時の面談やメンタルヘルス、産業衛生一般の相談など単発での依頼にも対応いたします。

産業医の主な仕事は下記の通りです。

  • 月に一度の事業場巡回
  • 衛生委員会の構成メンバー(委員会への出席は委員会の決定による)
  • 健康診断の事後措置に関する業務
  • 作業環境の維持管理に関する業務
  • 長時間労働者に対する面談
  • 休職・復職に関わる面談
  • 日常の健康相談
  • 衛生教育・健康教育
  • 定期健康診断結果報告書へのサイン
  • その他労基署への提出書類の作成
  • 衛生委員会議事録への捺印
  • 労働者の健康障害の原因の調査および再発防止のための措置に関する業務
  • 労働者の健康を確保するため必要があると認めるときは企業に勧告をする

 

大切な従業員の面談は、当事務所にお任せ下さい。

従業員の方の不調に気が付きながらも放置され、休職、退職に至るまで何も対応できず、大切な人材(人財)を失うことになります。また、昨今体調不良時には労働効率が低下してしまい企業経営にも影響を及ぼすというデータが多くみられています。企業として適切に対応し大切な人財を守りましょう。面談を行い適切にアドバイスいたします。

  • 定期健康診断後の面談
  • 長時間労働者の面談
  • 高ストレス者面談
  • 裁量労働者の面談
  • 休職・復職時の面談
  • その他の面談

 

産業医との契約は、社外健康管理室サービスの基本サービスに含まれています!

健康管理室の利用料は従業員1名あたり300円(税別)です。産業医選任事業所の場合は毎月職場巡視が必要になるので、追加料金がかかります。

選任義務事業所の場合は、企業の状況に合わせて対応する為、別に見積りいたします。

 

社外健康管理室 こころめいと を利用するには、事前に申し込みが必要となります。

 

ご利用する場合は、健康管理室利用規程 をお読みなり、社外健康管理室 利用申込書 に必要事項をご記入の上FAXまたは郵送でお申込み下さい。